FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みーつけた。

2011年02月11日 00:54

― あなたの心にかくれんぼ。 ―







いつも笑顔で、私の事を待っていてくれる君…。

もし、私がいなくなったら、君はどうするかな?



ちょっと意地悪。
君は探し出せる?




20110130-hakuoki-heitidu-01.jpg


平助「まったく、みーつけた!」



あ、いつもと変わらない、君の声。

君は私を探し出してくれたんだね。



平助「だ~れだ!」




そんな君のちょっと拗ねた声が聞こえるから、
だから私は―――






20110130-hakuoki-heitidu-02.jpg


千鶴「平助君!」







当たりでしょ?

そっと光る世界に目を細めながら君を見つめる。




あ、笑顔。




平助「せーかい!」




嬉しいな
やっぱり君は





「もー勝手にいなくなるからびっくりしただろ?」






私を探してくれるんだね。







「ま、どこにいたって、俺が探してみせるけどな!」








その君の全てに、私は




「ちーづる!」



20110130-hakuoki-heitidu-03.jpg





「え?何?」


「なーんでもねぇよ!」




救われてる…




"千鶴、お前は必ず、俺が守るから"









― こんなに近くにあなたを感じて ―




どんなに突き放されても

私はあなたを求めます。

だって、

あなたはこんなにもやさしいじゃないですか。

こんなにも、温かいじゃないですか。

まだ、ここにいるじゃないですか。




泣きません。





泣きません。






私は絶対に…













「沖田さん!ここにいたんですか?」



20110130-hakuoki-okitidu-01.jpg






あなたが望んでいなくたって、

私は笑います。

絶対、絶対、泣きません。




そして、あなたを独りになんてしません。










20110130-hakuoki-okitidu-02.jpg



「千鶴ちゃん、何しにきたの?」

「また、僕に苛められたいの?」

「独りになりたいのに…邪魔しないでくれる?」





なんて言われたって。

あなたが私を求めなくたって。




「沖田さんに会いにきました」




私にはあなたが必要だから――――。

















って妄想wwww
失礼しましたー。



平助:優貴さん
沖田:満川さん





何かもう、ホント、薄桜鬼が足りないww
もっといっぱい色々やりたいですvv

とにかく今は一さんの妄想でいっぱいだvv
雪よー雪よーいっぱい降れー!←
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://an729.blog49.fc2.com/tb.php/141-680512db
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。